MENU

難波の包茎手術人気クリニックランキング

包茎と包茎でない人の違いは、ペニスの形と亀頭を露出させるのが不便だということの2点だけであるという認識を持たれている方が多いので、大したことではないと考えられている方も多いのです。実際に、包茎である男性の方も、治療を受けられていない方が多いと言われています。しかし、包茎は通常のペニスの状態ではありませんので、包茎のレベルによっては大きなトラブルを招く恐れがあります。包茎の中でもカントン包茎と呼ばれるものは、発見次第カントン包茎手術を行って治療をしなければ、ペニスにさまざまな障害が起こってくる可能性があるのです。カントン包茎は、包茎の中でも症状が重度と言われており、勃起などで亀頭が膨らんでしまった際に、亀頭が露出をスムーズに行えるまでの包皮口を作ることが出来ないのです。ですので、亀頭が膨張をして露出をしようとすると、包皮が膨らんでしまった亀頭を締め付けて亀頭を強く圧迫してしまうのです。締め付けられた亀頭は、血の巡りがだんだんと悪くなっていきますので、うっ血をしたり最悪の場合では壊死をしてしまうこともあるのです。そうなってしまうと、壊死の部分が広がっていかないようにペニスを切除するなどの処置を行わなければならなくなってしまうのです。ペニスを切除するとなると、生殖機能や排尿の働きも障害が起こり、一生障害を抱えて生活をしなければならなくなります。カントン包茎は、包茎の中でも放置をしておくと危険性の高いものなのです。カントン包茎であるかどうかということは、思春期になって勃起をするようになってから気付かれることが多いようです。勃起をした際に亀頭が包皮に締め付けられるような感覚があれば、カントン包茎を疑ってカントン包茎手術を検討するようにして下さい。年齢を重ねていくと症状が悪化して、ペニスの切除という最悪の事態を招く確率が高くなります。難波にもカントン包茎手術を行っている病院やクリニックはありますので、症状が悪化する前に治療を受けるようにして下さい。

 

新宿 包茎手術 包茎 札幌